東北地方太平洋沖地震 特設ページ

<< HOME

INFORMATION

(2011/09/16) ||体験報告|| スペイン、グラナダ大学のファンマ・ガルシアルイス 教授からの震災当日の様子を報告して頂きました。
(2011/06/30) ||お知らせ|| 2011年7月7日(木)13:300より東北大学片平キャンパス片平さくらホールにて 東北大学大学院環境科学研究科 震災フォーラム"いま、そしてその次へ"が開催されます。
第2回テーマ "東北地方の地熱エネルギー"
13:40- 土屋範芳 教授 「東北地方の地熱エネルギー利用」
参加費:無料。申込:下記へご来場人数・代表様お名前・情報交換会ご参加の有無 を7/5 までにお知らせください。
環境科学研究科研究企画室 物部(ものべ)
TEL:022-795-7408 FAX:022-795-7392
E-mail:monobe*mail.kankyo.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えて下さい)
(2011/06/14) ||お知らせ|| 2011年6月25日(土)14:00より東北大学川内キャンパスマルチメディアホールにて 東北大学大学院環境科学研究科 震災フォーラム"いま、そしてその次へ"が開催されます。
第1回テーマ "いまできること、これからできること"
15:35-15:55 土屋範芳 教授 「東北地方の地熱エネルギーの概要」
(2011/06/02) ||トピックス|| 朝日新聞に環境科学研究科のGCOE参画研究室で進めている沿岸部の津波堆積物の調査について掲載されました。
(2011/5/26) ||お知らせ|| 環境科学研究科のGCOE参画研究室では、沿岸部の津波堆積物の調査を進めています。 レンタカーに多少の席の余裕があります。調査にご協力いただける方の参加を募ります。
6月1日(水) 8:15集合 8:30 環境科学研究科発 夕方帰着
飲み物、昼食持参(ゴーグル、マスクは当方準備)
希望者は土屋(tsuchiya*mail.kankyo.tohoku.ac.jp:*は@にかえる)まで連絡下さい。希望者多数の時は、こちらで抽選します。
〆切 5月27日 17:00
(2011/5/20) ||お知らせ|| 東北地理学会(The Tohoku Geographical Association)災害対応委員会と情報共有のサイトを お知らせします。特に誤解と風評の広がっている外国向け情報発信を主とし、震災に関わる予察速報的な情報を掲載しています >> TGA 2011 East Japan Earthquake Bulletin
(2011/5/2) ||お知らせ|| 東北大学大学院理学研究科主催
「3・11地震と放射性物質の拡散について」開催
[学生向け講座](一般の方、職員の方のご来場も歓迎)
■ 日 時:5月9日(月)17:00-19:00
■ 場 所:理学研究科大講義室 >>詳細
[一般向け出前講座]
■ 日 時 : 5月19日(木)18:15-20:40
■ 場 所 : フォレスト仙台第5・6会議室 >>詳細
(2011/4/26) ||ボランティア|| 東日本大震災により災害ボランティアを考えている本学在学生へのお知らせ (東北大学)
(2011/4/19) ||ボランティア|| 博士過程前期二年の新家寛正さんにボランティアの様子を報告してもらいました。
(2011/4/19) ||体験報告|| 地震当時、招聘で仙台に滞在されていたNick Schnider准教授の体験報告が届きました。
(2011/4/18) ||おしらせ|| 東北地方太平洋沖地震 特設ページができました。
(2011/4/14) ||復興支援|| 「東北大学による東日本大震災1ヶ月後緊急報告会」||報告||
(2011/4/12) ||復興支援|| 2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震による仙台地域の墓石転倒率について 石渡 明 教授・宮本 毅 助教・平野 直人 助教(東北大学東北アジア研究センター)
(2011/4/8) ||復興支援|| 石巻市北上町相川地区、追波湾での支援活動 (土屋 範芳 教授 プロフィール)
(2011/4/6) ||トピック|| 箕浦幸治教授・今村文彦教授の研究等が、Science(NEWS & ANALYSIS)で紹介されました。 Science 1 April 2011: Vol. 332 no. 6025 pp. 22-23 DOI:10.1126/science.332.6025.22
(2011/4/6) ||お知らせ|| 東北大学による東日本大震災1ヶ月後緊急報告会 開催 ||プログラム||
(2011/3/20) ||お知らせ|| GCOEリーダーからのメッセージ
(2011/3/18) ||お知らせ|| 【緊急】震災とその後の連絡について



GCOEリーダーからのメッセージ

この度は日本の観測史上最大であるマグニチュード9の巨大地震とともに10m を超える大津波が東日本を襲い甚大な被害をもたらしました。この地震と津波に より被災された方々にお見舞い申しあげますとともに亡くなられた方々への心か らの哀悼の意を表します。

このGCOEもこの地震によって大きな被害を受けましたが、構成員のすべてが無 事であったことは不幸中の幸いです。しかしながら、建物および機器類に大きな 被害を蒙っています。このような状況のもとでGCOEの構成員が力を合わせてこの 困難を乗り越えてゆくことが必要です。

今回の震災に際しては、国内外から数多くの励ましの電子メールをいただいて います。そして、内外の多くの教育研究機関からGCOEの教育と研究への支援の申 し出を受けております。これらの暖かい励ましに応えて、私たちもいっそう復旧 の努力をしてまいりたいと思います。


GCOEリーダー 東北大学教授 大谷栄治 プロフィール

(2011/3/20)




GCOEリーダーからのメッセージ

[津波研究情報]
    東北大学大学院工学研究科 災害制御研究センター
    津波工学研究室 (今村 文彦 教授 プロフィール)
  1. ミレニアム津波ハザード
  2. 津波リアルタイム情報 TIMING
  3. 2011年東北太平洋沖地震津波被災地の調査報告(1) ZIPファイル

[地震研究情報]
  1. 地震・噴火予知研究観測センター
    東北地方太平洋沖地震(M9.0)の特集

[教育支援]
  1. 高知大学
  2. 情報・システム研究機構 国立極地研究所
  3. 宇宙科学研究所

[復興支援]
  1. 2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震による仙台地域の墓石転倒率について (石渡 明 教授他)
  2. 石巻市北上町相川地区、追波湾での支援活動
    (土屋 範芳 教授 プロフィール) ||報告||
  3. 東北大学による東日本大震災1ヶ月後緊急報告会 ||プログラム||報告||

[ボランティア関連]
  1.  東日本大震災により災害ボランティアを考えている本学在学生へのお知らせ(東北大学)
  2.  ボランティア報告
  3.  ボランティア活動について

[関連機関リンク]
v